×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

半身浴は、体温より少し高めの温度のお湯に下半身だけが浸かるようにして入る入浴方法です。

半身浴は、全身をお湯に浸かる入浴方法よりも、保温効果が高く、体の芯まで温める事ができるため、冷え性やダイエットにも有効だと言われています。
サウナのように高温ではありませんが、発汗作用が非常に高く、また、体の負担が少なく副作用も無いという点でも、様々な病気の補助療法として注目されています。



家庭用天然ラジウム温浴器【玉川の花湯】

冷え性に半身浴

 

もともと体温の低い方や冷え性の方は、全身浴では体の表面だけが温まるため、就寝前になると手足が冷たくなってしまう場合があります。

 

体の筋肉や代謝機能が落ちていると、体はどうしても冷えやすくなります。

 

その点半身浴は、少しぬるめのお湯に30分程度と、じっくり浴槽に浸かる事で、体の芯から温める事ができますので、湯冷めしにくく、安眠、ダイエット効果、ストレス発散、デトックス効果など、様々な健康増進効果が期待できます。

 

アロマオイルやバスソルトを使用したり、本や雑誌を持ち込んでのんびりくつろぐようにして入浴すると、心身ともに半身浴の時間をゆったり楽しむ事ができ、継続的な習慣として長続きさせる事にもつながります。

 

最初のうちは、体が温まるまでに時間がかかるかもしれません。

 

しかし、徐々に新陳代謝が良くなりますので、それに伴い、体が温まるまでの時間も少しずつ短くなっていきます。

 

“エッ?自宅で半永久的に玉川温泉のラジウム温浴ができる!?”
半身浴の温度は、体温よりは少し高めの37~40℃のぬるま湯に、30分程度じっくりと浸かる事が一般的な方法です。
半身浴は、全身浴と比べると心臓や肺への負担が少ないため、高齢者や妊婦、病気の治療中の方にも安心しておこなえる補助療法だと言われています。